プレ更年期を乗り越えた話

40代前半の頃、プレ更年期で苦しんでいた私。
それを救ってくれたのは低用量ピルでした。婦人科の先生に相談の上で飲むようにしました。
「更年期特有の症状があるなら、メリットはあってもデメリットはない」という先生の言葉を信じて飲んだのですが正解でした。飲み始めてから2ヶ月ほどすると、肌の調子を含む体調全般が上向いてきました。

そしてなによりも劇的に変化したのがメンタル面です。
日常的にイライラしたり不安になっていたりしたのが、スッキリと改善したのには驚きました。

ピルの効き目もそうですが、「ホルモンが足りなくなるというのはこれほどの影響があるのだ」とつくづく恐ろしくなった記憶があります。ある程度の年齢を越えた女性のさまざまなトラブルは、そのほとんどが女性ホルモンからの影響を受けているのかもしれません。

ホルモンをコントロールするためにはピル意外にも、HRTやサプリメントで補充するという方法もあります。体調不良が有り、それが更年期によるものという疑いが少しでもあるときには、ぜひ一度婦人科のお医者さんに相談してみてほしいですね。

アンチエイジング方法論その4

アンチエイジングの運動と食事について書いていきます。

アンチエイジングというと美容のことだけに目が向きがちですが(美容情報はこちらhttp://xn--eckol5hsevdf4cz003czw0b.net/)、本来は健康の為にすることです。適度な運動を取り入れることで若返りがしやすくなります。

誰でも簡単にできるの運動法はウォーキングです。
運動と聞くと、無理してやるものと捉える人が一定数出てきます。無理をしてはいけません。無理は続きませんし、軽い運動を長い期間続けることのほうがよほど大切です。

また毎日する必要もありません。
無理のない範囲で歩く事ができれば、長期的に見て効果が期待できます。レースをしているわけではないので、自分のペースで行いましょう。

ウォーキングのほかにも、軽い筋肉トレーニングやストレッチも、アンチエイジングの効果が期待できます。筋トレはダンベル運動や、スクワットなどが良いでしょう。週に3,4回運動すればなまった筋肉が刺激されて活力が増してくるはずです。ですが、困難なときには週に1,2回でも構いません。日常的にできる範囲で継続してください。

日々の食生活を見直すことで、アンチエイジングを促進することができます。毎日の食事を意識することが、若返りに向かい合うことがなによりも重要です。運動と食事を連動させれば、相乗効果も期待できます。

薄味の食事は長生きにも有効です。
塩分や油分を控えたメニューが、健康で長生きするための予防医学にもなります。栄養を考えながら様々な食材を少しずつ食べるようにしましょう。よく噛んで食べることもアンチエイジングには効果的です。

アンチエイジング方法論その3

紫外線によって破壊された成分を元に戻すのは大変なことです。そのためアンチエイジングに苦労する人が多いのです。

紫外線を浴び続けることの危険性についてお話します。紫外線によって肌がダメージを受けるとよく言いますが、コラーゲンやエラスチンの線維が切断されたり、分解されて減少することを指します。つまり光老化という影響を及ぼすことになります。これがしわ・しみの原因要因です。光老化対策をすることが肌の若返りには重要です。

肌の老化の3大原因とされるのが紫外線、お肌の乾燥、筋肉の老化になります。紫外線は肌を日焼けさせるだけではないのです。コラーゲンやエラスチンが減ってしまえば、肌の弾力を保つ事ができずにたるんできます。弾力のなくなった肌はたるみ、溝を作ることとなります。肌の溝イコールしわです。

しわというのは、あるとどうしても老けて見えてしまうもの。どんな人でもできるなら作りたくないでしょう。できてしまったしわを減らすことは難しいですが、しわをより濃くならないようにできます。

しわの少ない肌にするために大事なのは、肌の保湿です。若い肌には水分が多いもの。若々しい素肌を取り戻すには、保湿力のある肌にする必要があります。真皮層のコラーゲンやエラスチンを蘇らせるスキンケア用品を使いましょう。また肌のアンチエイジングには、ビタミンCやイソフラボンを体内に取り入れるのも良いとされています。そのことによって、肌のターンオーバーが活発化するからです。

アンチエイジング方法論その2

アンチエイジングの医学的な方法にもいろいろな手法があるようです。
美容整形外科ではさまざまな若返りのための施術が行われているといいますし、プラセンタを皮膚に注射するという傷跡を残すことのない美容整形もあります。

少し前の時代までは、加齢がどうして起こるのかということの解明ですら難解なものでした。それを考えれば若返りが可能とわかっただけでも大進歩だと言えましょう。

プラセンタには若返りの効果があります。そのうえ他の美容施術に比べると料金も安いといいます。皮膚をリフトアップして、しわやたるみをなくします。気軽なプチ整形として位置づけられるものになります。美容整形というと大がかりなものという先入観がありましたが、それをクリアしている方法だといえます。メスを使わない、入院の必要もないのが負担も少なく魅力となっています。安全性も高いので非常に人気のある美容整形となっているようです。

若返りの美容マッサージでは、圧力をかけて顔に柔軟性を与えます。マッサージ専用のクリームを使い、あごと、口もとと、鼻の下を順にほぐしていきます。たるみによる二重あごを解消することで、実際の年齢より若返ると言われています。

自宅で自分で行うならマッサージ、医学的にアンチエイジングするならプチ整形が安全で効果的です。

アンチエイジング方法論その1

顔のシワやたるみを取るのにマッサージが効果的なことは知られていますが、ストレッチにも効果が期待できます。特に首のストレッチは、肩・首の血流を促す効果が有り、この周辺の筋肉の柔軟性を上げることで皮膚や筋肉が垂れ下がりにくくなります。

そしてマッサージはやはり有効な予防手段です。リンパ液や血液、水分の流れを良くすることが大切です。

シワやたるみの原因は筋肉の衰えだけでなく、巡りが悪くなることでも起こります。巡りが良くなることで肌に弾力が戻り、ハリが出てくればしわ・たるみを防ぐこともできるようになるのです。また美容マッサージでも若返りは目指すせるようです。

そして最近は若く見せるためのメイクや、若返りの美容整形も盛んです。細胞レベルで肌の若返りができるよう美容整形もいろいろな技術があるようです。プチ整形のような手軽さはありませんが、非常に効果のあるものがフェイスリフトになります。顔のたるみ改善とリフトアップのためのマッサージも効果があるとされています。

さまざまな方法がありますから、アンチエイジングのよる外見の若返りも、決して不可能ではありません。医療の進歩で再生医療などが発達したしてきたことも後押しになっていると言います。その結果としてアンチエイジングも可能になるといえるのではないでしょうか。

小顔になるエクササイズ

顔は体の中でも一番人目に付く場所なので、最初にダイエットしたい場所になるかもしれません。

ダイエットで身体は引き締められても、顔のお肉はなかなか取れなくて悩んでいる人もいます。顔やせはそれほど難しいことです。というのも、顔はぜい肉や脂肪だけでなくむくみが原因で丸くなっていることも少なくないからです。顔やせは体と一緒ではなく、顔に集中したダイエットが必要だと言えます。頬肉 落とすにも努力が大切ということです。

小顔になるために行うものとしては、小顔エクササイズが代表的ではないでしょうか。表情筋を鍛えたり、顎の関節のバランスを整えたり、首から顎にかけての筋肉を鍛えたりといろいろなエクササイズの方法があります。顔周辺の筋肉を鍛えることで、代謝も促進して、その影響で痩せることもできると言います。また表情も豊かになるので、明るく活発な印象を与えるのにも役立ちます。

小顔エクササイズはどんな場所でも、すぐに簡単にできるものなので、毎日の習慣にしてしまいたいところです。

顔のたるみの治し方

年齢とともに気になってくるのが顔の肌のたるみではないでしょうか?
顔の輪郭線がたるんでくると、顔が大きくぼやけた印象に映るようになります。

年齢肌の悩みは誰にでもやってくるもの。そろそろフェイスリフトの必要がある時期に入ってきたのかもしれませんね。

肌のハリがなくなりたるんでくると、肌は重力に引っ張られやすくなってしまいます。その加齢肌のせいでできてしまうのが二重あごです。二重あごはだんだんと皮膚がたるんできてできたものですから、一朝一夕で消えるようなものではありません。少しずつ時間をかけて、解消ケアを行う必要があります。

加齢が進むとコラーゲンの生産量が減り、肌の内側のヒアルロン酸・エラスチンが減ることになり、これが二重あごの一因となります。コラーゲンの減少は30代に入ると始まるものですから、早めにエイジングケアを始めることで、肌年齢が進むスピードを緩めることが可能です。

二重あごを解消するためには地道なケアが必要ですが、即効性を得たいのであれば、手っ取り早いのはプチ整形を受けることです。プロテーゼを挿入して輪郭線をすっきりさせるという方法が安全性も高くオススメです。また二重あご 治すには、たるみの目立つ皮膚にヒアルロン酸を注入するという整形の方法もあります。

整形手術には脂肪吸引するというやり方もありますが、顔のたるみは一概に脂肪のせいでできているとは決めつけられないものなので、医師のカウンセリングを受けた上で、受けるかどうかを決めたほうがいいでしょう。

強い肌を作るために

顔の中でも鼻にできたニキビは目立ってしまって困りますよね。
オデコから鼻にかけてはTゾーンと呼ばれていて、特に皮脂が多く発生する場所です。そのため毛穴の皮脂詰まりが起こりやすく、炎症が起こってニキビができやすい場所なのです。そしてできてしまったニキビに皮脂がダメージを与えてさらに悪化してしまう・・・という悪循環が起こりやすいのが困りもの。

炎症が起こっているわけですから、抗炎症作用の軟膏などを塗ることで、症状を抑えることは可能です。ただし根本的なニキビケアのために必要なのは、洗顔と保湿をすること。お肌を健康に保つことでくり返しニキビから逃れるようにしましょう。

ニキビケアに限らず、肌トラブル防止には潤いケアが欠かせません。
適度な水分量を保っているお肌は、どんなトラブル・刺激にも強いものです。
特に男性の場合は、化粧水を使うことに抵抗がある人もいるようですが、ニキビ肌の改善にはどうしても必要なことだと認識しておく必要があります。自分の肌に合った化粧水に出会った瞬間から、みるみるニキビが解消されたという人もいます。洗顔と潤いケア、この両方がニキビ改善には必須だと覚えておきましょう。

どうやって買うのか?

あなたがいつも化粧品を買っているのはどこでしょうか?

ドラッグストアやネット通販で購入している人もいるでしょう。百円均一のお店で化粧品を買う人もいるそうですから、時代も変わったものです。

いまだに多くの女性がやっているのが化粧品専門店での対面販売での購入です。デパートの1階の化粧品コーナーなどでもよく見かけることがあります。対面販売を受けてから買うという女性は、買う気マンマンのことが多いのでしょう。買うことは決まっているからこそ、そのメリットを最大限に活かそうとしているのです。

対面販売の最大の利点は販売員からさまざまなアドバイスを聞けることです。新しいスキンケア化粧品の情報、適切なコスメの使い方、肌診断、自分に合う化粧品についてなど、いろいろと聞き出しながら、一番気に入った商品を選ぶといった寸法です。ドラッグストアなどでは気軽に買える反面、コスメについてのプロのアドバイスをもらうというわけにはいきませんよね。新しい化粧品の情報はテレビや雑誌、インターネットからでも入手できますが、メーカーの営業員から聞き出した情報とは濃さが違うと言っていいでしょう。

ただし、断るのが苦手、という人は対面販売を受けるのは向いていないのでやめておきましょう。断りきれずに、いらないものまで買わされてしまってはいけませんよ。

百円均一のお店で売っているスキンケア商品も馬鹿にできないと聞きます。選び方次第では、スキンケアに詳しい人をも唸らせる商品に出会えるということです。安いからといって侮れないということでしょう。気に入る化粧品が見つけられれば、そのコストパフォーマンスはまさに圧倒的。何千円もする化粧品にはもう目も行かなくなる可能性もあります。

お肌に直接つけるものなのでしっかりと選ぶ必要はありますが、多様な選択肢があるということを頭の片隅に置いておいても損はないでしょう。ひじ 黒ずみを消すのにいいものが見つかる可能性だってありますから。

ささっとスキンケア

男だってスキンケアには気を使っているものです。
特に冬場にはね。

乾いてカサついた指先や唇をしていたら、やっぱり第一印象が良くないですから。身だしなみです、一応。

アラミスがお気に入りですね。
男性ものブランドならではのベタつきのなさなので、オフィスでもささっと使えて便利です。パッケージがシェイプされていて、バッグに入れていても邪魔にならないのもいいです。

いい香りのするものなら気分がリフレッシュできるので、スキンケアもできて一石二鳥ですね。